--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-06-25

第139回定期演奏会のお知らせ

お久しぶりです。こないだ街で25歳くらいの人と目が合ったと思ったら鏡に映った自分でした、現役大学3年生の板橋です。
可愛い新入生たちの自己紹介の合間に大事なお知らせをいたします。



今年もやって参りました!夏の定期演奏会!

第139回早稲田大学長唄研究会定期演奏会
7月9日(土)
早稲田大学戸山キャンパス 学生会館地下2階多目的ホール(B201)

14:30開場
15:00開演

入場無料


演目
♪三味線小曲集(新入生のみ)
♪雛鶴三番叟
♪鶴亀
♪鞍馬山
♪越後獅子(OBOG有志・学生合同)
♪勝三郎連獅子


フレッシュな新入生たちの演奏とOB・OGの方々によるベテランの芸を一度に味わえるプログラムとなっています(*´▽`*)
もちろん上級生たちも頑張っています。

今年の新入生たち(彼等の自己紹介をお読みになった方々はご存知だと思いますが1年生だけじゃないんです!)はとっても成長が速いので乞うご期待!

私もどこかの曲でひそかにタテを務めております。


ぜひお越しくださいませ。

それでは皆様、御機嫌よう。
スポンサーサイト

2016-06-22

新入生自己紹介 第7回

初めまして。このたび長唄研究会に入会させていただきました、法学部1年生の
行天(ぎょうてん)と申します。よろしくお願いします。
僭越ながら本日は私の自己紹介を述べたいと思います。

私は早稲田の付属校の出身で、高校時代日々剣道に明け暮れる生活を送っていました。いつかは古典芸能を習い事でやってみたいと思いました。しかし大学受験がないにも関わらず、部活の都合で金銭的にも時間的にもゆとりがなく、悔しい思いをしていました。そして大学入学後、古典芸能サークルを巡る中で習い事よりもはるかに廉価で、しかも楽器を購入する必要がないことに驚きました。

三味線は漠然ながらやってみたいと思っていました。そこで長唄研究会の部室を訪れた際に長唄を聞いてみて、その艶やかな音楽に惹かれました。そして元々能楽の謡を習い始めていたので、その時は唄メインでやってみたいと思いました。けれど三味線を弾き始めてから、次第に興味がわき、今では同期に後れを取るまいと精進しております。

実は邦楽囃子つづみの会にも入会しているので、長唄研究会とのコラボでお役に立てればと思います。

皆様よろしくお願いします。

2016-06-02

6月1日のお稽古・新入生自己紹介第6回

初めまして、新入部員の明治大学3年、石原盛夏と申します。よろしくお願いします。
他大学+途中加入で残された時間はそれほど多くありませんが、精進していこうと思います。

6月1日の稽古、新入生は7月の演奏会に向け、「さくらさくら」「荒城の月」「寄せの合方」を練習しました。
「寄せの合方」は歌舞伎「勧進帳」でも有名な一節であり、私の大好きな落語でも出囃子として非常に馴染み深い曲で、是非とも弾けるようになりたいなぁと思っています。
さて、そんな風に練習を続けていたところ、向こうから聞き覚えのある旋律が...ムムム、これは「チンチリレンの合方」!!新入生が上級生とともにチンチリレンを稽古しているではありませんか。
歌舞伎でも盛んに聞く旋律で私も是非覚えたいと思っていたので、心の中で大興奮。「頑張って弾けるようになってやる!」と、柄にもなく燃えてしまいました。
とか言っておきながら、撥の持ち方ひとつマトモに覚えられていない(指摘された)ので、稽古を一からきちんとしなくては...そう思った練習でした。

その後、新入生が並んで先生に先述の3曲の稽古をつけていただきました。
私は元々別ジャンルの三味線をやっている(詳しくは後述)のですが、先生から「折角弾けるんだからさぁー、構えがカッコ悪くちゃもったいないぜ!」とのお言葉をいただき、まだまだ修行不足だなぁ...と思いました。しかし、何も言われないのよりはずっといいのかもしれません...。ありがとうございます。

さて、そんな私の自己紹介を。
私は元々小学生の頃から落語好きで、その延長で歌舞伎や邦楽にも興味を持ち、高校では自作の三味線(!)を作るぐらいの唄好きでした。
大学では自分の大学の三曲研究会(3ヶ月で退会)と落語研究会、クイズサークルに加入、またひょんなつながりで1年の秋から端唄を始め、落語・端唄・クイズという変わった生き方をしていました。
そんな時、クイズ関係(!)から早稲田の「つづみの会」のOBさんとお友達になり、ツイッターで「長唄研究会、行きたかったけどもう遅いかー」とボソッと呟いたところ「まだ遅くないよ、紹介してあげる」と言われ、こちらを紹介されました。
自分のやっている端唄は非常に情感に溢れており、一種浄瑠璃的要素があるのですが、長唄の大薩摩や先述の「チンチリレン」や勧進帳の「滝流し」のように技巧に飛んだ部分はなかなかないので、そこに興味を持った結果、加入を決心しました。
現在3年生、残された時間は2年弱しかありません。さらに他大学の上、来年は就活等諸々で忙しくなりそうなのでどれだけ稽古出来るかわかりませんが、出来る限り精進していこうと思いますので以後よろしくお願い致します。

プロフィール

早稲田大学長唄研究会

Author:早稲田大学長唄研究会
60年以上の歴史がある早稲田大学長唄研究会。

私達は、やさしい先生のご指導の下、ゆったりまったり時にはシビアに長唄&三味線の練習にいそしんでおります。
ほぼ全員がまったくの初心者からのスタート。そんな私達の活動の記録を記録していきます!
Twitterもお見逃し無く!→@w_nagaken

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。