--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-03-30

2016新歓情報!

大変遅くなり、申し訳ありません…幹事長の植村です。
2016年度新歓情報をお知らせ致します!来たれ!新入生!!

1.屋外新歓ブース
3月30日(水)〜4月3日(日)に早稲田大学早稲田キャンパスの屋外に新歓ブースを設置します。ブース場所は、南門や正門から入った場合、大隈銅像方面へ進み、8号館前を通り過ぎた、角のあたりです。

ブース場所 地図

地図上、矢印の先が当会のブース場所となります。
ちなみに、ブースまでの道のりの風景はこんな感じ↓
ブースまで①
①まず大隈銅像を目指します

ブースまで②
②8号館前を通り過ぎて角を左に曲がったところが、当会のブースです。入り口付近からは少々見えにくいかもしれませんが、ぜひぜひいらっしゃってください!

なお各日の予定は以下の通りです。

3月30日(水):10:00〜16:00
3月31日(木):10:00〜16:00
4月1日(金):10:00〜16:00
4月2日(土):10:00〜16:00
4月3日(日):10:00〜15:00

ブースでは実際に三味線を弾くことが出来ます!お菓子、ジュースも用意しております。サークル勧誘の嵐で疲れた方、当会ブースで少し休憩していきませんか?ぜひ遊びにいらして下さいね〜!
ブースが見つからない場合は、下記の長研のアドレスまでご連絡いただければ会員がお迎えにあがります。
ブースやその周辺では着物を着たり、三味線を弾いている会員がウロウロしているはずのでお気軽にお声がけ下さい♪
チラシも配っています。この赤色をみたら長研へ!

2016新歓チラシ



2.新歓コンパ
新歓コンパやります♪

開催日:4月3日(日)
集合場所:早稲田大学戸山キャンパス正門前(文キャンのポストが傍にある門)
集合時間:18時30分
参加費:一年生無料!!←学生注目!!
毎年恒例の新歓コンパです。高田馬場で19~21時まで行う予定です。
コンパとは言えど、ゆっくーり、まったーりとしたお食事会です(^O^)お酒の強制なども一切ありません!(ちなみに幹事長もお酒ほぼ飲めません…
もちろん途中参加・途中退出も可能です☆
当会に興味のある方はもちろんのこと、サークル選び・科目登録等で悩んでいる方、三味線に興味のない方も大歓迎(笑)ですので、お気軽にご参加下さい♪
会員たちが色々と相談に乗りますよ(「あの科目を取っちゃぁ、おしまいよ……」etc)
参加希望の方はこの記事の最後に記されている長研のアドレスまでご連絡下さい。よろしくお願い致しますm(_ _)m


3.三味線体験会&お稽古見学会について

四月の毎週水曜日(4/6,13,20,27)に早稲田大学学生会館一階茶室106、もしくは和室で「三味線体験会」を開きます!
時間は16:30〜20:30頃を予定しています。
体験会と同時並行で18:00~はプロの先生をお招きしての会員の普段の稽古を行っており、稽古風景を見学して頂く事もしております。「三味線触ってみたい!」「どんな練習なのか見学してみたい」「気晴らしに行ってみようかな」などなど、少しでも気になった方はお気軽にお越し下さいねo(^▽^)o途中参加・退出も可能です!
なお、お稽古後来てくれた方と一緒にご飯を食べに行こうと考えています♪新入生はもちろん無料☆
当日は連絡なしで来て頂いて大丈夫です。道具なども全てこちらでご用意しますので持ち物なども特にありません。会員が初心者の方にも優しく丁寧に教えします。
「上記の日程だと来られない…」という方は希望日時を連絡して下されば個別に対応致しますので、遠慮せずご連絡を下さいね(^o^)/
※13日は学生だけの練習です。




以上が四月中の当会の新歓情報です。当会は初心者・インカレ・二年生以上も大歓迎!!
当会に関する質問や新歓コンパの参加連絡などありましたら、下記のアドレスまでお気軽にご連絡下さい!
長唄研究会アドレス wnagauta@gmail.com

また、ブログ内の「早稲田大学長唄研究会について」という記事に当会についての詳しい説明が載っていますので、そちらも是非一度ご覧下さい!
Twitter、Facebookも随時更新してまいります。

最後になりましたが、少しでも多くの方と一緒に活動出来ることを、会員一同心よりお待ちしております。
スポンサーサイト

2016-03-24

「和の所作を学ぶ会」に参加させていただきました。

 お久しぶりです、大学生活の折り返し地点にいる板橋です。東京家政短期大学の同期がすでに卒業しているという事実に震えながらブログを更新します・・・

 今月の12日に四谷地域センターで行われた「和の所作を学ぶ会」に5名の会員が参加させていただきました。ある会員がアルバイト先で常連のお客さんと伝統芸能の話題で盛り上がったことがきっかけで、日本舞踊坂東流の名取の方との共演が実現しました。普段よりお世話をしてくださる吉住小貴三郎先生のお力添えもあり、つつがなく終えることができました。
我々は地方(じかた)として「松の緑」と「越後獅子」を演奏いたしました。
地方とは、要は伴奏者のことです。踊る人、演者の立方(たちかた)に対して、じかた、と呼びます。(Facebookの早大長研の記事より抜粋)

 「松の緑」の地方は根本さんが独吟、今年度入会した二人(高野さんと三田くん)が三味線を務めました。練習したての頃は三味線と唄が合わず、また三味線同士も合わず苦戦されていたようでしたが、練習を重ねた甲斐あって本番では息ぴったりでした。新入生二人の成長が早い早い。来年度が楽しみです。

 「越後獅子」の地方はこれまた根本さんが独吟で、ひのしたさんと私が三味線を務めました。たった一人で二曲を唄いあげる実力を持つ根本さんと日本舞踊経験者で踊りのテンポをばっちり把握しているひのしたさんの横で、私は足を引っ張らないようにするのが精一杯でした・・・。

 日本舞踊・長唄以外に能・琴・三線などの演目があり賑やかで楽しい会でした。小貴三郎先生、早大長研の後輩たちだけでなく他大の長研会員も見に来てくださいました。

 その後打ち上げがあったのですが、出演者の方々がそれぞれの伝統芸能を始めたきっかけやこの会を開くまでの経緯などを、美味しいお料理をいただきながら聴くことができました。会社の同僚に勧められた方、幼少期に習っていた芸事を大人になってからもう一度始めようと思われた方・・・きっかけは様々でしたが、伝統芸能に親しむ気持ちは皆さん同じでした。社会人として、または母親として、仕事や家庭と伝統芸能を両立させていらっしゃる方々のお話を参考にして、大学卒業後も長唄を続けられたら良いなあと思いました。

 素晴らしいご縁と多くの方々のお力添えのおかげで、地方を務めるという貴重な経験を得ることができました!サークルでこのような経験を得られる場を増やしていけたらいいですね。

 それでは皆さん、ごきげんよう。
プロフィール

早稲田大学長唄研究会

Author:早稲田大学長唄研究会
60年以上の歴史がある早稲田大学長唄研究会。

私達は、やさしい先生のご指導の下、ゆったりまったり時にはシビアに長唄&三味線の練習にいそしんでおります。
ほぼ全員がまったくの初心者からのスタート。そんな私達の活動の記録を記録していきます!
Twitterもお見逃し無く!→@w_nagaken

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。