2015-12-31

12/20 「全国学生長唄連盟演奏会」 出演!!

お久しぶりです!!今日で2015年終わりますね。寒さに負けずバイトしてます、二年のひのしたです。
わちゃわちゃしてたら更新おそくなりました、ごめんなさい…

さて、タイトルにのとおり、「全国学生長唄連盟演奏会」を三鷹市公会堂で行いました。すごい遠いと思ってましたが早稲田からはそうでもなかったです。
全国学生長唄連盟(通称学連)というのは、東京大学、早稲田大学、慶應大学など様々な大学や高校の長唄研究会が所属していて、毎年12月にこうして合同演奏会を行うのが主な活動です。その演目は「学校曲」と「学年曲」の2種類があり、学校曲がそれぞれの学校が出すもの、「学年曲」は1年曲、2年曲といったように、学年ごとに横割りで複数大学合同で演奏するものです。学年曲はお師匠も稽古方法も異なるメンバーが集まるため、なかなか集まって練習するのもまとまった演奏をするのも大変なんです…
今回、早稲田長研は、学校曲で「那須野」を演奏しました。定演では不完全燃焼で終わってしまったので、学連はきっちり決めよう!!という意気込みで臨みました。秋の定演が終わって12月に入ってから、ノリやそろえるところをタテ中心に相談し合い、そろって演奏し合うことで、少しずつのるメンバーの意識が統一されたと思います。本番は、多分今までで一番良かったんじゃないでしょうか…!!そろってたというのももちろんなんですが、定演で平らな間で弾いていたところのテンポアップがうまくできたかなと思ってます。唄もバラバラしてたのがそろったかと…!!タテのお二人本当にお疲れ様でした。タテ三味線の楽屋でのテンションにはついていけなかったですが笑
そして学年曲についてですが、なんと早稲田生が1年曲2年曲ともに両タテ、3年曲のワキ唄というポジションでした…おそろしや。まず一年曲「末広がり」、一年生よくやったよお疲れ様!という感じでした。一年曲は、人数が多いですし、またほとんど全員4月に初めて三味線、唄に触れた人が乗るので、稽古もすごく大変だったんじゃないかと思います。そんな中で、すごくまとまってたし、お囃子にもビビらず最後まで演奏しきった一年生お疲れ様です!

二年曲「花見踊」は、タテ三味線させて頂いたのですが、本番の演奏はうーん…という感じでした。個人的にもチームとしても努力したとは思ってますが、私の至らない点が多くみんなを引っ張りきれなかったと思います。申し訳ない…
それでも、下浚い後にいろいろ変更点加えたりしたにもかかわらず最後までみんながついてきてくれて、私たちタテを信頼(たぶん)してくれて、二年曲メンバーには大変感謝してます、ありがとう。最後の稽古で行ったカフェ楽しかったね。それと唄タテまっちゃがやってくれてよかった。唄に希望者いないなら一緒にやろうよ、くらいの気持ちで勧めたんですが、実際学連では学年曲も学校曲も唄タテになっちゃってしんどかったよね。いつも稽古で顔合わせられるからいろいろ二年曲の稽古のやり方とか演奏の事とか相談できたし、私の意見も尊重して唄引っ張ってくれて助かった。ほんとにありがとう。

そして三年曲「勧進帳」、1,2年で仕事がない人は全員最前列で拝見させていただきました。個人的にいつかはやってみたい勧進帳。でも唄も三味線も長いし難しい勧進帳。稽古の様子とか全く知らないのですが、すごく両タテの意志というか、やりたいことが伝わってくる演奏でした。我らが幹事長はさすがの唄で、どの分け口もツレも安定していてすごいなっておもいました。(あれ、なんか偉そうにコメントしちゃってるけどいいのかな、まじめに書いてるんだけど…笑)
とにかく三年曲なんだなって感じの演奏でした、うまく言えないけど!!1年生もすげーって言いながら聞いてたし、さらに勧進帳挑戦してみたくなりました

おまけなんですが、私の母校の高校も出演してて、私は客席から見てました。実は私が高校二年で長唄三味線部の部長だったとき、東大長研にお願いして入れていただいたんです。当時は東大のお稽古に混ぜていただいたり、一緒に五月祭回ったりと、大変仲よくさせてもらってありがとうございました。その時に初参加で演奏したのもまた越後獅子で、私はタテ三味線だったのですごく思い入れのある曲なんです。その頃はまだ中学に部活がなく高校生だけのメンバーで、人数が足りないため部員じゃない友達に演奏会前だけ練習に来て!!!とお願いして唄をやってもらっていました。10人程度のメンバーで唄、三味線、大小、締め太鼓、笛など全部そろえて演奏して、私は本番の途中で糸を切り、替え三味線にしたものの調弦がめちゃくちゃに下がっていて、演奏中舞台上で調弦するという大パニックを起こしたのもその時です笑(その件は早稲田の先輩が覚えてて,入ってからいじられましたww)
それら大変だった事を思い出しますと、あのとき頑張ってよかったし、こうして下の代まで続いてて、クオリティも上がってて、聞きながら感動してうるうるしちゃいました。長唄通して、卒業してもどこへいってもつながれるって、すごいことだと思います。

学連についてはこんなところで!!

あとおまけのおまけですが、26日に今年一年間お世話になった「つづみの会」さんも招いて忘年会を行いました。今まで演奏はするものの個人個人が話す機会は無かったので、企画できてよかったです。
また来年も仲よくして、一緒に舞台のりたいですね!!

長くなりました!!みなさんよいお年を!!!!!
スポンサーサイト

2015-12-04

第138回定期演奏会ご報告 · 新入部員自己紹介7回目

 初めまして、郭と申します。今年入会した物理学科一年の留学生です。日本語あまりうまく使えなくてなかなかブログを書く勇気が出られなかったですが、気付かないうちに冬も入って演奏会も終わってまだブログを書いたことがない人は自分だけになりました。そして、今回の定期演奏会の報告を書くことになりました。久しぶりに文章を書いて緊張になって、定演の報告のような大切と感じられることを自分に任せて大丈夫しょうとちょっと心配しますが、どうもよろしくお願いします!

 定期演奏会が11月28日に江東区文化センターで行われました。最近気温が急に下げて朝ちょっと寒くなりましたが、部員たちみんなすごく元気でした。先生とOBOGさんの方は多忙のところいらっしゃって、調弦などいろいろの面倒を見てくださってすごく幸いと思います。おかげ様で、当日三味線たちは少し調子が良くないみたいですが、演奏会が無事に終了しました~
 今回の演奏会の曲の中で、末広がり、小鍛冶と五郎の両タテとも一年生ですよ!春の演奏会より、みんな三味線も唄も上手になったと感じてます。夏の合宿でみんなすごく成長しましたのか。(自分は練習不足で演奏会の日になっても唄も三味線も拙いで今反省しております。)初めの曲は末広がりです。自分は唄を乗りました。演奏前、「大きな声で唄って」と伝われてみんな大きな声を出して普段のお稽古の時よりも元気に見えます。自分も、唄が下手で恥ずかしと思いますが、やはり大きな声じゃないなら観客さんたちは聞こえないよねと考えて間違ってもできるだけ大きな声を出しました。
 五郎と那須野に自分が乗ってないですが、みんなうまいなと感じます。後の小鍛冶を乗るから緊張していましたが、那須野で後見をしてみんなの演奏を聴くだけで気持ちが心地よくなってもらいました。
 小鍛冶で自分は三味線を乗りました。もともともうまく弾けないうえで撥を握った手のひらに汗をかいちゃってさらに弾けなくなりました。隣の三味線を弾いてる人に迷惑をかけて申し訳ないと思います。舞台で見られるので緊張しちゃったというより、もし毎週のお稽古を本番のように心から大事に扱うなら、本番でもそんなに緊張することがないはずでしょうと後で反省しました。唄のほうのみんなすごくうまいと思います。自分だげ練習するときそんなに感じられないが、みんなと一緒に演奏する時いつも「いい曲ですね!」と感心してます。
 京鹿子娘道成寺はOB&OGさんとの合同演奏です。難しい曲ですが、聴きながら敬慕する気持ちが湧き出しました。私なら、たぶん何年あとでも、いくら年をとっても、そんなに上手になれないと思います~

 いつも丁寧に指導してくださる先生、面倒を見てくださるOBさんの方々、合同演奏してくださったつづみの会の方々、忙しいところ聴きに来てくださった方々、いろいろ世話してくださる先輩たち、本当にありがとうございました!!!
 今回の演奏会の反省しながら、次回にもっと立派いな演奏ができるように、頑張りまーす!!!
 
 ↓(演奏会前、楽屋で楽しそうな男の子たち)

楽屋で楽しそうな男子たち
(笑)

 続きまして、自己紹介をさせていただきます。中国からの留学生です~子供の頃から、ずっと日本の文化に興味があって、いつか日本に行こうと思ってました。そして、高校卒業した後、「あっ、若いうちに行かないと、年をとった後行くのはそんなに面白くないよね。」と考えて、日本語を勉強して、やっとここに来ました~
 日本の伝統的な文化もいろいろ知りたいが、なぜ特に三味線を選んだのかといったら、たぶん三味線の音が好きからです。なぜ三味線の音が好きのか、それは分かりません~ずっと自分が音痴だと思って、大学に入る前も楽器をやったことがないですが、長研に入った後すごく三味線を楽しんでやってます~入って本当に良かったと思います~
 理工キャンがちょっと離れて、授業もちょっと多いで、自分もいつも時間を無駄するのが一番得意なので、練習する時間が他の人より大変少なかったと気付いました。今からもっと真面目に練習しようと思ってます。そして、自分なぜ理系を選んだのは謎です。最近もいつも考えています。「あれっ?なぜ私文学とかしないの?留学って、もっと楽しいことをやったほうがじゃん?!」と、時々自分に質問します。そして、今一番楽しいことは、あっ、三味線ですね~
 
 来年の5月なったら、自分も先輩なりますよね。頑張らなきゃ~ですね!弾けないと後輩に笑われますね~後輩って、怖いですね!よっしゃ~みんな、頑張りましょう~
プロフィール

早稲田大学長唄研究会

Author:早稲田大学長唄研究会
60年以上の歴史がある早稲田大学長唄研究会。

私達は、やさしい先生のご指導の下、ゆったりまったり時にはシビアに長唄&三味線の練習にいそしんでおります。
ほぼ全員がまったくの初心者からのスタート。そんな私達の活動の記録を記録していきます!
Twitterもお見逃し無く!→@w_nagaken

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索