2014-12-23

第68回学生長唄連盟定期演奏会のお知らせ

こんばんは。一月末の試験のことを考えて今から憂鬱になっているねもとです。今日は今週土曜日に行われます、第68回学生長唄連盟定期演奏会のお知らせです。本番直前になってしまったこと、どうぞご容赦願います……。

♪第68回学生長唄連盟定期演奏会♪

日時:2014年12月27日(土)
会場:中央区立日本橋公会堂4階ホール(日本橋劇場)
開演:昼12時
演目:以下★印の演目が早稲田長研会員が出演する演目です。また括弧内は演奏開始予定時刻です。

末広がり(一年生合同/12:00〜)
越後獅子(二年生合同/12:17〜)
・元禄花見踊(白鴎高校)
・紀州道成寺(東京大学)
・娘七種(三輪田学園高校)
・俄獅子(日本大学藝術学部)
・新曲浦島(東京女子大学)
・松 竹 梅(青山学院大学)
【休憩/15時頃】
・蜘蛛拍子舞(東京大学)
・岸の柳(お茶の水女子大学)
・小鍛冶(國學院大學)
・聖母と軽業師(ICU 国際基督教大学)
鷺娘(早稲田大学/16:43〜)
・筑摩川(慶應大学)
鞍馬山(国立音楽大学チリカラ座/17:29〜)
正治郎連獅子(三年生合同/17:50〜)
京鹿子娘道成寺(四年生合同/18:15〜)
囃子 福原鶴祐社中

※演奏開始予定時刻は当日の進行状況等により変動致します。お時間に余裕を持ってお越し下さい。

昨年に引き続き今年も一年生合同『末広がり』のタテ唄は早稲田です!!!しかも今年はワキ唄・ワキ三味線も早稲田!!!!いやぁ早稲田きてますね〜〜〜(何もきてない)。早稲田のかわいい一女達を見逃しちゃダメですよーー!!!
早稲田の学校曲『鷺娘』は定演のメンバーから三味線を一挺足して四挺四枚での演奏です。定演の時はお世辞にも誉められた出来ではなかったので何としてもそのリベンジを……ぐぬぬ……。あと個人的なことを言えば、僕と中川さんで両タテをやるのも学生長唄ではこれで本当に最後なんですよね。うーん寂しいなあ……。悔いの残らない様に頑張ります!!

年末でお忙しい時期とは思いますが、精一杯演奏致しますので是非お越し下さい。皆様のご来場を学生一同心よりお待ちしております。それではばいちゃ!

※補足「学生長唄連盟とは」
学生長唄連盟とは、全国の大学又は高校附属の長唄研究会・サークルが加盟している団体で毎年年末に演奏会を行っています。演奏曲は各校が一曲又は二曲演奏する「学校曲」と、学校の枠組みにとらわれず各校から同学年の有志が参加して演奏する「学年曲」に分けられます。発足は昭和22年で今年で発足67年を迎えました。早稲田は第一回演奏会から参加していますが、第一回演奏会から参加しなおかつ一度も欠演したことがないのは早稲田だけです!
スポンサーサイト

2014-12-22

12月17日のおけいこ♪

  こんばんは、一年のひのしたです。最近ほんとに寒くて建物から出たくない毎日です。
 さて、遅くなりましたが先日のお稽古の報告をさせていただきます。今回は先生をお呼びせず、自分たちだけで1月の新年会に向けて小鍛冶、27日の学連に向けて末廣がりと鷺娘の練習をしました。
 まず小鍛冶ですが、人数の関係で私が唄のタテになってしまって、毎度毎度お稽古が私の練習にみんなを付き合わせる形になってしまってほんと申し訳ないです…。三味線は定演に比べ、音もそろってぐっと安定してきたように感じました。あとは私の唄ですね(笑)せめて、音外さないくらいには仕上げたいです。精進します。
 次に末廣がり、この曲は早稲田の春の定期演奏会でもやっているのである程度の慣れもあって、完成度高めだと思います。あとは本番他大学のみんなときれいに合わせられるかどうかですね!
 最後に鷺娘、途中途中止めつつ気になったところを修正していきました。長くて速い曲なので、ちょっと合方の入りがずれたり唄とずれただけでばらばらしちゃうので、直せてよかったです。個人的には手が全然回ってないので(ほんとにごめんなさい)残り日数少ないですが自信持って本番迎えられるようにがんばります。

とゆーわけで!!とうとう今週末は学連です!「学連ってなんだ??」ってそこのあなた!スケジュール帳チェックすべし!!以下詳細です(*^_^*)

第68回 学生長唄連盟演奏会
日にち:12月27日 土曜日
場所:日本橋公会堂4階ホール
時間:会場 11:30、 開演 正午



学連
さまざまな学校と合同での演奏会です。学校曲だけですが、白鷗高校(私の母校)と三輪田学園も演奏します。ご都合合えばぜひ!!

2014-12-04

12月3日のお稽古

こんばんみ。演習発表の準備が終わらず、逃走を企てている二年のいくぽんです。
先日の定期演奏会にお越し下さった皆様、ありがとうございました。当会の定期演奏会は全て終了しましたが、来る12月27日(土)に学生長唄連盟の定期演奏会があるため、現在当会ではそれに向けてお稽古に励んでおります。今日は二週間ぶりに先生をお招きしてのお稽古でした。またOBのWさんがいらして下さり、我々現役生に色々と指導をして下さいました。

【末広がり】
学生長唄連盟演奏会の一年生合同曲として毎年演奏される末広がり。今年はタテ唄、ワキ唄、ワキ三味線を早稲田の一年生がやらせて頂いています。僕はお稽古を横から見ていたのですが、みんな本当に上手いですね。各自が前回のお稽古までに言われた点をきちんと意識しながら演奏していることがよく分かる練習でした。またWさんにも一緒に唄って頂き、それも新鮮で良いお勉強になったようです。一年前の我が身を振り返ると信じられないほど芸達者な子達ですので、今後がとても楽しみです。

【鷺娘】
先日の演奏会のトリ曲であり、今回の学連演奏会の早稲田の学校曲でもある鷺娘。私はタテ唄をやらせて頂いていますが、いやぁ難しい曲ですね。今日のお稽古は、唄は私一人だったのでWさんにも一緒に唄って頂き、先生に色んな所を直して頂きましたがそれでも形になるのはまだまだ先になりそう……。何が難しいと聞かれたら全て難しいとしか言いようがないのですがね。初っ端の「妄執の雲」で詰まり、「忍ぶ山」で詰まり、「迷う心の」で詰まり……こんな具合でいったらいくら時間があっても足りません。
最近、というか今年の春から先生にお稽古していて頂いているとよく「お前さん、それじゃ心がちがうよ」又は「唄っちゃだめだよ。お話を物語るんだよ」ということをよく言われます。今日のお稽古でも「恋に心も」の鼓唄の所で「それじゃ節や音程は合っているけれど、唄に心が入っていない。『恋に心も』という場面なんだからその雰囲気や心で唄わなきゃいけないぞ」と注意されました。うーん、ムズカしい。でも実際自分の唄った録音を聞いても、すべて通り一遍等な唄い方なんですよね。一年生のKMDちゃんの言うところの”棒読み”な唄い方。自分自身唄いながら『鷺娘』を唄った気にはなれていないのも事実ですし。勉強しかありませんね。

と言いつつ学連本番まで残された日数は少ししかありません。本番ではちょっとは上達した姿をお見せ出来れば良いのですが。頑張ります。
プロフィール

早稲田大学長唄研究会

Author:早稲田大学長唄研究会
60年以上の歴史がある早稲田大学長唄研究会。

私達は、やさしい先生のご指導の下、ゆったりまったり時にはシビアに長唄&三味線の練習にいそしんでおります。
ほぼ全員がまったくの初心者からのスタート。そんな私達の活動の記録を記録していきます!
Twitterもお見逃し無く!→@w_nagaken

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索