2008-05-16

研精会

どうも。ちょっと目を離すとはびこりやがるエロサイトの書き込みに辟易してますみっちーです。

5月10日、研精会@紀尾井小ホールに行ってきましたよ~。(研精会ってのは、私たちの先生の一門による、長唄演奏会です。)新入生3人を含む6人で行ってきました☆朝から雨降ってたのに傘を持っていなかったWさんがまずは印象に残りました。

私は初研精会だったのですが・・・なんか癒されました(笑)他の長唄演奏会は、場所が国立劇場とか大きいホールだというのも手伝ってか、「よぉっし長唄聞くぞー!」という気合が少なからず入ってしまうきっちり感があるように思います。でも今回のは会場もこじんまり(めっちゃきれいでしたけど!!)でアットホームというか、自由に長唄を楽しむ空気に包まれていたんですよね~。おかげで最近病んでいた私の精神状態も回復しました。ナガウタチャンアリガトウ・・・・・あ、なんでもないっす。

小貴三郎先生の本気唄が聞けるから研精会いいよ~」とA先輩に言われてましたが・・・マジいいっすね!!先生は『傾城』のタテ唄でご出演なさっていたのですが、始めの一文句でハートをぶち抜かれました。色っぽい。。。。普段は優しく楽しくお稽古してくださる先生が別人に見えましたの本当に!私も経験を積めば、少しは艶っぽい曲もできるようになるかしら・・・(←自重)


さて気分を変えて、出演者人気投票!(by幹事長&副幹事長)
一位:吉住 小十郎さん(唄/ なんか素敵。いい。声とオーラからにじみ出る無限の包容力がたまらない。)
二位:稀音家 六四郎さん(三味線/ 古典芸能のイメージを覆すエンターテイメント性を感じる。)
三位:稀音家 助三朗さん(三味線/ お顔は優しいおじいちゃん。指の動きはきらめく彗星。)


あ・・・勝手なことばかりすみません(汗)いやしかし、こんなしょうもないところばかり見てたのではないっすよ!!自分たちの演奏への刺激もばっちり受けてきましたもの唄は眉毛で唄うんだなとか、口の辺りの筋肉を総動員して唄うと心地よいゆれが出せるんだなとかも観察しましたし!(ま、ありんこが大木を観察するようなもんですが。)新入生もこの時期にプロの演奏を聞けて、モチベーションがグ~ンとあがったようですあー楽しかった☆☆

ってか誰か~書き込みしてよさびしいよ~~





スポンサーサイト

2008-05-03

新歓ほーこく☆

おっと、更新がしばらく止まっていましたね。すみません。

怒涛の新歓もひと段落。最近は9人の新人さんと一緒にお稽古してます☆また、この間も新歓担当の元に「見学したい」メールが届いたらしく、新たな出会いへの期待にわくわくの日々です

ってか、今年の新人さんやばいっす。特に唄上手がmanyっす。そしてやはりちょっとおかしい人個性的な人がmany manyっすよかった・・・本当によかった・・・これで長研も安泰じゃ・・・。おっと我々も精進せねば。

さらには、留学生やずっと海外で生活してた人が集まってくれて、ついにグローバル化の波が学館茶室まで押し寄せてきた模様です。「これは、時代の流れのせいなのか?・・・いいや、我々が波を引き込んだに違いない!!」と考えることって夜郎自大っていうんでしたっけ。

そんなわけで、今は新人さんレクチャーと、6月8日のOB会と6月28日の定演にむけて、供奴・神田祭・汐汲・橋弁慶を練習中です!ぶっちゃけ・・・やばいです(汗)やっぱ諸先輩方に言われたとおり4月入る前にもっとやっとくべきでしたー。あぁああぁーやるっきゃない。


そうそう、長研有志&日舞有志が、5月10・11日の100キロハイクに出ることになりましたよ!!長研は、古典芸能系オールラウンドサークルを目指す模様ですよ(笑)

あと、現在部室大掃除作戦が進行中です。心を鬼にしていらないものガンガン捨てるんで、部室に何か忘れ物(本・何かのイベントの小物・淡い恋の記憶)がある方がいたら申し出てくださいね~。「これはごみに見えるけどとっておくべきものだ!」という物も存在したら教えていただけるとうれしいです☆
プロフィール

早稲田大学長唄研究会

Author:早稲田大学長唄研究会
60年以上の歴史がある早稲田大学長唄研究会。

私達は、やさしい先生のご指導の下、ゆったりまったり時にはシビアに長唄&三味線の練習にいそしんでおります。
ほぼ全員がまったくの初心者からのスタート。そんな私達の活動の記録を記録していきます!
Twitterもお見逃し無く!→@w_nagaken

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索