2015-11-18

2015年度早稲田祭演奏会

 早稲田祭もとい発表会にについて書かないとは、ブログの存在意義を問われてもおかしくないレベルの話であり……。
 そんな大任を僕に任せて大丈夫なのか。というか、僕、早稲田祭から何週間放置してんd……。
 『いや、そもそもお前誰だよ』ということで軽い自己紹介から始めさせて頂けばいいのでしょう。
 前座の余興としてどうぞ。早稲田大学二年だけれどもサークルは一年目、三田です。以後、覚えとけば役に立つこともあるかもしれません。
 なんか友達の紹介でサークルに来てみて、三味線聴いて、これくらいなら僕にも弾けるのではという軽いノリで入って、もっぱら部室を昼寝場所として愛用するようになりました。趣味は旅行、読書、珈琲、囲碁、卓球。
 これに長唄、具体的にはチンチリレン(娘道成寺の追い回しの合方?)が加わったわけですね。
 末広がり? 小鍛治? どうせ後で長々と書くのかもしれないのだから省略。
 それらについて演奏会で聴いていただけた皆様が思い浮かんだであろう疑問にもボクが颯爽と答えちゃうぞ☆
 というか、自己紹介になってませんね。でも、こんなもんです。チンチリレン好きの三田とでも覚えていただければ幸いです。
 よし、おっけー、ともかく前座終了。ついでにブログも終わ……ダメか、上(怖い幹事長その他皆様方)に怒られてしまう。
さぁ,頑張れ、僕。

 さて、本題。
 早稲田長唄研究会が文化祭に参加するのは4年振りだったらしいです。つまり、文化祭の準備についてノウハウを持っている先輩は皆卒業してしまった後だということは自明ですよね。幸い、二年留年してる先輩もいない……よね、うん、多分、知らないけど。
 そうそう、経験がないということは全部自分たちで考えなければいけないのです。卒業した先輩が残した資料は残っているのかもしれませんが、それについては知りません。と、僕同様に断言できてしまうサークル一年生が10人くらいいます。
 しかし、今回メインの二年生と三年生が併せて4人いるか5人いないかなんて程度ですよ?
 この一年生という名前の烏合の衆を率いて演奏会を開催、なおかつ『つづみの会』様と合同でです。先輩方の苦労は測り切れないといって間違いないでしょう。この場を借りて、一年生の総意を述べさせて頂きましょう。お疲れさまです。
 なお来場して頂いたOBまたお客様方にサークル員一同から感謝の念とともに、こちらの運営の不手際がございましたら謝意を表するとともに、これらの事情を鑑みて温かい目で見ていただけると幸いです。『つづみの会』の皆様方ですが、合同開催させて頂きありがとうございました。そして、常日頃から指導なさってくださる吉住小貴三郎先生、ありがとうございます。これからもご迷惑を多々おかけしますが、ご指導のほどお願いいたします。

 次に、早稲田祭に関する写真紹介などは如何でしょうか。
 パンフレット準備に次回演奏会の案内、ビラ作りに、教室の装飾。やることはいっぱいあるんです。んん? なんか気づかぬうちに終わっていたようななんて奴がいるから、先輩方が苦労するんですよ、まったく、まったく。……あぁ、胃が痛い。振り返ると恐ろしい発見があるものです。やっぱり人間、前を向いて生きていかないとダメですね、ええ。
 気をとりなおして、準備の写真を一つどうぞ。
f4a8ba0d-3d3b-4ed2-a876-45feab613bae_result.png

 こんな風に皆頑張って準備を……すみません、どうやら画像を間違えたようです。長唄のサークル員にサボっている奴はいません、けしからん、けしからん。それでは正しい画像をどうぞ。

42468bc1-76ab-46be-8aef-53e042bc9505_result.png

 そうですそうです、和気藹々としかし真面目に作業していました。
 教室の後ろにあっためくりもサークル員が書いたものです。
 制作風景とできあがった画像ですね。
6e4a60c4-d820-4d42-8f1e-bf6a5a96e462_result.png
dfd1a714-92ca-49ff-96d8-f7139a07f60e_result.png


 あと、教室の装飾に使っていた折り紙もつづみと長唄が合同で作ってました。
9fdf999d-11b7-41ed-8b44-651ef01d47d5_result.png

装飾の作業中はこんな感じでしたね。
e0bdee76-ace3-44f4-a166-d838d2d16f98_result.png


 完成したものはこちら!!
7d73149e-4c86-4318-a596-4fcddc2ef58c_result.png

 と、若干駆け足になったのは書き上げなければいけない期限が絶望的に間近だからです。お許しを!



 準備の話はほどほどに練習風景の写真も上げておきましょう。
6f5cc172-98b8-4aad-89b1-4ed27af8a6c7_result.png

 誰も座っていない座布団に『つづみの会』の方々が座って練習してました。
 そして、ついに待たせた本番の写真といきたいところなんですが……。
 残念なお知らせです。



 …………恐ろしいほど本番の写真を撮っていなかったらしい。



 いや、せめて演奏中の写真の一つくらいあるだろう?

 ええ、あります。

 一枚あります!

 ピンです!!

 しかも、幹事長様です!!!

 では、どうぞ!(ジャジャーン)


534205d2-080c-4a47-a5ca-8d9a969490ba_result.png


 OBの方々は大体この一枚で満足できるだろうという謎のお墨付きを頂いていますのでいいのかな?
 着物美少女's(+愉快?な男子たち)の写真が足りねーよという方には最後に載せますので、頑張ってあとちょっと読んで頂ければ幸いです。

 演奏についての話をしましょう。ほぼ僕個人の感想になってしまうのが申し訳ない限りです。
 一年生にとっては2回目? 3回目? ぐらいになる人前で演奏する機会でしたね。
 どうにも緊張しがちだったのは拭えません。
 そもそもお客様方があんなに来てくださることが全くの想定外でした。もうワンサイズ上の教室でちょうど良かったですね。前述の理由の通り、そこらへんは分からなかったわけなのですが。
 それに加えて、あいにく天候は雨。三味線も鼓も湿気は苦手だという話は幹事長様がなさってくれましたが、音がボンボコしたりと問題が発生するのです。そう、沖縄では三味線はなくて、三線じゃないですか? 海沿いで三味線なんて弾かれることはありません。細かな伝来事情については調べてませんが、苦労したということが伝わればいいです。
 曲の話をしましょう。
 と、いっても僕自身が皆の演奏を聴けたわけじゃないし、誰もそんな余裕はなかったんですよね、多分。
 部員たちから聴けた感想などをどうにかして書いていきたいと思います。
 一曲目、末広がり。
 緊張したとしか言ってなかったような? 撥の手が震える、思ったより声が出ない、タイミングが掴めないなど各自思うことがあったでしょう。
いわゆる本番にありがちなアレですね。見るからに緊張したものになりました。
 それにしても、つづみが入ると長唄は盛大なものになりますね。
 二曲目、娘七種。
 曲の最中に調弦を変える部分があるんですね。それが雨ということもあってとんでもない難易度になり、大変だったという話を耳に挟んだような気がします。いかがでしたでしょうか?
 三曲目、五郎時致。
 物凄い格好いい声を出しているのが一人いたでしょう? 彼女はあれでも一年生です、はい!!
 四曲目、越後獅子。
 先輩がメインでやる格好いい曲という記憶しかないというか、本番聴く余裕がなかったのです……はい、すみません。
 きっと格好良かったはずでしょう……聴きたかったなぁ。
 五曲目、小鍛治。
  自分が乗った曲で感想を長々と書きたくないという思いはあるのですが……。一個だけ書くとするのならば、お客さんの顔を見るのが怖くて、三味線を眺めるという醜態を晒しました。私事でなんですが、文化祭を過ぎてからこのサークルに入って初めて演奏会というものを見に行く機会がございまして、今更感はあるのですが、姿勢が悪いことほどの醜態はないということを実感いたしまして……なんだ、その……。
 次回は堂々とした姿勢を心がけようと思います、はい!!
 あと、お待ちかね?の聴いていただけた皆さんのうち大部分が疑問に思ったことであろうこと、つまりは演奏の途中にドンという謎の音が響いた件ですね。
 実はあの教室、ゴミ収集所の真裏にございまして。誰かが分別済みのゴミ(おそらく使用済みの割り箸が大量に詰まった袋)を所定の位置に投げ入れたようですね。それが外れて窓に当たってあんな音がしたらしいです。
 演奏の音で気にならなかったというのなら幸いですが……流石に気になるレベルの音だろうなぁ。来年からは配慮したいですね。

 うん、大体書くべきことは書いた気がします。
 こうやって振り返ってみると自分たちの演奏会には後悔が大量にあるような気がしますが、その後悔や本番の緊張も含めてお祭りは良いものでした。反省は来年(も早稲田祭に出られるのなら)活かせるのではないでしょうか? 
 あぁ、楽しかった。
 そんなところですかね。

 ということで、最後はド派手な集合写真で締めさせて頂きます!!

e2f51801-e830-4bc0-94d0-9853f2af4b72_result.png

e95e52ca-fa98-4eff-86f1-12d9f703e24a_result.png

 ここまで長々とお付き合いいただきありがとうございました。
 皆様、お疲れさまです。また会いましょう。
スポンサーサイト
プロフィール

早稲田大学長唄研究会

Author:早稲田大学長唄研究会
60年以上の歴史がある早稲田大学長唄研究会。

私達は、やさしい先生のご指導の下、ゆったりまったり時にはシビアに長唄&三味線の練習にいそしんでおります。
ほぼ全員がまったくの初心者からのスタート。そんな私達の活動の記録を記録していきます!
Twitterもお見逃し無く!→@w_nagaken

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索