2037-01-01

早稲田大学長唄研究会について

 この記事では大雑把ながら当会の活動内容などについての紹介を行いたいと思います。
乱筆ながら活動内容やよくある質問などにお答えしてゆきますので、当会に興味を持たれた方は一度ご覧下さいませ。(3/15根本)

早稲田大学長唄研究会とは?
 当会は昭和21年11月に発足した早稲田大学の公認サークルで、「長唄(ながうた)」の練習・発表を主な活動としています(長唄についての説明は、下記の「よくある質問」の項をご覧下さい)
 「長唄」とは日本の三味線音楽の一つで、邦楽や古典芸能のなかでもメジャーな芸能であり、当会は優しいプロの先生のご指導のもと少人数でまったりと活動しています!

活動について
〔活動時間〕
毎週水曜日16時30分から21時頃まで。
16時半からぼちぼち集合、準備や自主練の後、18時から先生にお稽古をつけていただいています。時間割や用事などで途中からの参加、早退も大丈夫です。

〔活動場所〕
早稲田大学戸山キャンパスにある学生会館一階の茶室または和室で活動しています。

〔指導〕
長唄吉住流の吉住小貴三郎先生にご指導いただいています。先生は長唄の人間国宝四代目吉住小三郎(慈恭)師のお孫さんにあたり、学生にも優しく面白く分かりやすく、懇切丁寧に指導していただいています。

〔部室〕
早稲田大学学生会館の東棟11階E1104が当会の部室です。
長唄に関する資料沢山あり!漫画あり!ゲームあり!昼寝スペースあり!
自主練は勿論のこと、他の会員と喋ったりゲームしたり課題をやったり昼寝したり……学生生活を送るには最適の部室です!当会に興味を持たれた方、お気軽にお越し下さい♪

〔会費〕
「お月謝」として一人月2000円を徴収しています。
ですが新入生は入会から半年間は会費無料!!
またお月謝が高くなりがちな古典芸能で月2000円は破格の安さです!

合宿について
 当会では年二回、夏(8月下旬から9月上旬)と春(2月下旬から3月上旬)に三泊四日ほどの日程で、伊豆高原で合宿を行っています。
勿論長唄の練習が活動の主体ですが、宿のとても美味しい食事(本当に美味しい)や宴会、伊豆の自然など気分のリフレッシュにもなる楽しい合宿ですよ♪♪

演奏機会について
 「定期演奏会」として当会主体の演奏会を6月下旬から7月上旬、11月下旬から12月中旬の年二回行っています。学生長唄界でも定期演奏会を年二回行っているのは当会だけです!
また当会のOB会にあたる「早稲田大学長唄OB会」の演奏会(毎年5月頃)での演奏などが当会単独の定期の演奏機会としてあります。
 これら以外にも他の大学の長唄サークルとの合同演奏会である、「全国学生長唄連盟演奏会」が毎年12月末に行われます。この演奏会では加盟校が各校一、二曲演奏する「学校曲」と、学校の垣根を超え学年毎に合同で演奏する「学年曲」が演奏されます。
ここ数年の当会の「学校曲」は2014年「鷺娘」、2013年「吾妻八景」、2012年「四季の山姥」、2011年「老松」などです。
 こうした演奏会以外にも沢山の演奏機会があり、短期間で多くの曲に触れられるだけでなく、他大の人たちとも仲良くなることが出来ます!!


【よくある質問コーナー】

Q 「長唄」ってなに?
A 「長唄(ながうた)」とは江戸時代に歌舞伎のBGMとして誕生した日本の三味線音楽の一つです。
三味線音楽の中でも特に「唄い物(うたいもの)」と呼ばれるジャンルに属し、唄とその伴奏としてメロディーを奏でる三味線から成り立っています。その根源を辿ると上方、つまり現在の京阪地域の歌曲にまで遡ることが出来るのですが、最も発展し隆盛を極めたのが江戸でのことだったので、一般的には「江戸の芸能」として認識されています。
 
 18世紀中頃に形式が整った長唄はその後も歌舞伎や踊りのBGMとして発達しますが、19世紀初頭になると単なる劇場音楽だけでなく、大名や文化人といったパトロンを得ることで彼らのサロンで演奏される純粋な鑑賞用音楽としての性格も持ち始めます。更に時代が下り明治期になると長唄研精会の発足により一般家庭への普及が図られ長唄は劇場に、一般の家庭の習い事にとより広範な活躍をするようになりました。
 さてそんな長唄ですがその特色として「長唄を習うと他の諸芸能についても自然と触れることが出来る」ということが挙げられます。
 上記のように劇場音楽からスタートしたので、歌舞伎や日本舞踊でもお馴染みの曲(『京鹿子娘道成寺』や『鷺娘』など)があるのは勿論のこと、長唄はその発展の過程で能・狂言・一中節・河東節……といった他の諸芸能を貪欲に吸収してきたため、長唄の中にはそれらの要素が巧みに取り込まれているのです。そのため長唄を習うと自然とそうした別の芸能についても触れることが出来、どんどん世界がひろがっていきます!!
 現在でも長唄以外の三味線音楽のプロの方が「長唄は三味線の基本だから」ということで、初めは長唄を習いに行くことが多いと聞きます。
 こうした事情からも「三味線やるならまずは長唄」であり、長唄は三味線音楽の入門としては最適であると言えるでしょう。

Q 初心者でも大丈夫ですか?
初心者でも大丈夫です!!
当会会員の殆どが「入会するまで長唄なんて知らなかった」「三味線なんて触ったこと無い」といった者ばかりです。斯く言う私自身、三味線や箏といった邦楽楽器の経験は皆無、入会するまで三味線を触ったことの無い初心者でした。また「自分は音痴だから……」という人もご安心を!!長唄の唄い方は、合唱やポップミュージックなどとは異なる唄い方ですので、今まで音楽が苦手だった人も安心して入会して下さい。先生が懇切丁寧にご指導して下さいますし、上級生も必死に教えます笑。

Q 早稲田生じゃなくても入会可能ですか?
A 可能です。当会では早稲田以外の他大学の学生の方、いわゆるインカレの方も入会することが出来ます!
またインカレに限らず、当会では二年生以上の方もお待ちしております!
現在も当会にはインカレ会員がいますし、過去には四年生で入会した方もいました。入会時期などの規定も設けていないので、一年中入会可能です!
一緒に充実した長唄ライフを送りましょう♪

Q 他のサークルとの兼サーも可能ですか?
A 当会では兼サーも可能です!週一回のお稽古でそれほど時間を取られる訳でもないので、他のサークルとの両立も充分出来ます。
私自身他の運動系サークルと兼サーしてますし、他の会員の多くも兼サーしています。中にはミュージカルサークルと兼サーしている会員も!!なかなか和楽器に触れる機会はそう無いと思うので、他のサークルからの気分転換に長唄は適当かもしれませんね☆

Q 道具は買い揃えなければダメですか?
A 三味線は当会で所有しているものをお貸しするので買う必要はありません(もし自分で三味線をお持ちの方がいらしたら、それをお使いいただいても構いません)。
また入会当初は撥や唄扇子といった道具も貸し出しを致します。入会確定後、そうした小物類は徐々に買い揃えていただきます(全部買い揃えても5000円前後です)。

Q 楽譜はあるのですか?
A あります。当会では主に吉住小十郎師編纂「長唄研精会譜」、またはその派生系である青柳茂三氏編纂「青柳譜」を用います。これらの楽譜はドレミファ…が1・2・3・4…の数字に対応したものなので、比較的容易に馴れることが出来ると思います。
また長唄経験者の方で今まで上記以外の楽譜(文化譜や栄二譜など)を使ってこられた方もご安心下さい。徐々に上記の譜へ移行していただければ問題ありません。

また何か変更点などあり次第追記します。ここまでご覧いただきありがとうございました。

「大学で何か新しいことを始めてみたい」「日本の芸能について触れてみたい」「楽器が弾けるようになりたい」「大声で歌ってストレスを発散したい」「部室でまったりしたい」etc
そんな方、私達と一緒に長唄始めませんか?
沢山の方の見学、そして入会を会員一同心よりお待ちしています!
スポンサーサイト

2018-06-08

2018年度新入生自己紹介 その4

お茶の水女子大学文教育学部の水野です。
私は、高校時代に部活動として長唄を経験していました。のんびりと楽しんでいた長唄ではありましたが、高校生当時から「この3年間の部活動で親しんだ長唄を、一生の趣味にしたい」と考えていました。そして現在、他大学であるにも関わらず、長唄に魅せられるがままに長唄研究会に所属している次第です。
先生の熱心なご指導と、優しい先輩方のアドバイスのもと、私たち1年生は初の舞台である定期演奏会に向けて練習を行っています。まだまだ至らない部分はありますが、どうぞよろしくお願い致します。

2018-06-01

2018年度新入生自己紹介 その3

政治経済学部の本間です。前の稲葉君が書いてくれたように元気にやってますよ。

僕は長唄はおろか、古典芸能、楽器に関して経験も知識もゼロです。長唄研究会の体験に行ってみようと思ったことにも深い理由はありませんでした。神のお告げだったのでしょうか?正直よく分かりませんが、とにかく三味線や長唄と触れていくうちにだんだんと心が惹かれ、入部に至ったという訳です。

さて、現在は先輩方や先生(吉住小貴三郎先生です!)の優しく丁寧なご指導のもと、日々少しずつではありますが精進しております。でも、あと1ヶ月と少しで定期演奏会ですね!これまで以上にしっかりとお稽古に励みたいと思っております。皆様どうぞよろしくお願い致します。

2018-05-26

2018年度新入生自己紹介 その2

教育学部1年の稲葉です。
ほんとうはトランペットを演奏したかったのですが、自宅で練習する時に近所の人から「うるさい」と言われそうだったので断念しました。でも三味線であればどうでしょう。たとえ近所に音が漏れても「三味線か。風流だなあ」と許してくれるのではないかと僕は思い、入部に至りました。
中学生の時、玉川カルテットをBSの笑点再放送で見ました。三味線担当の松木ぽん太さんの演奏は今でも鮮明に覚えています。僕も彼のような三味線奏者になりたいです。最近、調べて知ったのですが、志村けんさんもドリフ時代の頃からメンバーの方々と三味線されてたそうです。芸人の方の楽器演奏者の数も意外に多いんですね。そういえば僕がトランペットに興味を持ったのも、小遊三師匠がトランペットを吹いているのをBSの笑点再放送で見たのがキッカケでした。笑点は凄いですね。

ここ数日は高橋竹山の津軽三味線組曲を結構な頻度で聴いています。津軽三味線もかっこいいのですが、どうも音が大きいので近所の人の視線が気になるところ。やっぱり長唄三味線が僕には向いているのだと思います。
練習は順調です。僕は物覚えが悪いのですぐ譜面やバチを打つ場所を忘れてしまうのですが、先輩方の手厚いご指導のお陰でなんとかついていくことができています。水曜日に来ていただける先生もとても面白い方でホッとしました(名前は忘れてしまいましたが)。
同級生の高橋くんや本間くんも元気です。関係者の皆様ご安心下さい。

2018-05-13

2018年度新入生自己紹介

教育学部1年の高橋です。
長唄はごくたまに聞く程度で、まさか自分がやる側になるとは思っていませんでしたが、せっかくあるのだし面白そうだから長唄のサークルに入ってみようなどと考えてさらっと入会してしまいました。まだ長唄研究会の雰囲気をつかみ切れていないですが、これからより馴染んでいきたいと思っています。現在はさくらや荒城の月、勧進帳の寄せの合方をお稽古しています。定期演奏会での鞍馬山の分け口もいただいたので、初心者なりに最善を尽くそうと思っています。皆様よろしくお願いします。

2018-04-13

2018年度おけいこ

こんにちは!
本年度の幹事長を務めます、熊谷(くまがい)です。一年よろしくお願いします!

4/11に初回お稽古を行いました。練習内容は、末広がり、鶴亀、鞍馬山です。
また、三味線体験会には新入生の皆さんも来てくださり、にぎやかに活動しました!

次回のお稽古は4/18です♪

2017-12-13

第七一回全国学生長唄連盟演奏会のお知らせ&12/6お稽古

こんばんは。
今回でブログを書くのが3回目となる3年生の長谷部です。お久しぶりです。
最近は急に冷え込み、厳しい寒さが続いていおりますね。僕は布団や炬燵、ホットカーペットなどに捕らえられ、且つなかなか離してもらえないという、各種防寒器具からモテモテな学生ライフを送っています。


余談はさておき、前回の更新でもあったように、先日、冬の定期演奏会がありました。3年生ということもあり、サークル活動が残り少ないこと、また、後輩たちの成長を目の当たりにできたことで、とても感慨深い演奏会になりました。演奏面ではワキ、トメのあり方を考えさせられた演奏会でした。各々考えていることがあるとは思いますが、個人的には無事に演奏会を終えることができて良かったです。幹事会も交代したし、これで一安心。心置きなく年が越せますね!!……………

嘘です。越せないですね。なぜかというと、年末には学連があるからです。ということで告知します。

<第七一回 全国学生長唄連盟演奏会>

【日時】12/28 11:30開場・12:00開演
【会場】日本橋公会堂 四階ホール


我々は一年生合同「末広がり」、二年生合同「元禄花見踊」、三年生合同「那須野」、そして早稲田大学として「吾妻八景」と「勧進帳」を演奏させていただきます。特に一年生合同「末広がり」は総勢31名もいるので驚きです。そんな大勢の中で、なんと、早大長研の会員がタテ唄を務めます!これは期待ですね。
そんな訳で、前回のお稽は学連に向けた練習となりました。これから毎週先生のご指導をいただき、より一層精進……と思っていたら、先生のご都合上、なんと先生がいらっしゃるお稽古が年内最後となってしまいました…。これは、本当に学生の力が試されているということなんですかね。弱音も吐いていられないので、それぞれが稽古に励み、学連本番に備えていきたいと思います。
最後に、学連は入場料無料です。御覧の皆様、是非お越しください。

2017-12-04

第142回定期演奏会

お久しぶりです。2年村松です。
1年以上このブログには手を触れていない状態でした。もっとも、延滞せずに書き込んでいればこんなことには……。反省しております。

さて。
先日11月25日は定期演奏会でした。
お寒い中来てくださった方々に厚く御礼申し上げます。

もう、142回目なのですね。
私は4回目の定期演奏会となりますが、2年生の余裕ってものは想像上のものなのでしょうか、本番はどうなることかと、とてもスリリングな演奏会でした。
しかし、なんとかなってしまうものなのですね。
下浚いのときには、タテである私が緊張しすぎたあまり、曲になっているのかすら不安な出来であった曲も、本番は今迄で一番まとまったよい出来でした。
こんなことなら、もっと早く胆を据えていればよかったと切に思います。

ただ、これ迄で一番の出来、の質をかえりみると、やはり後悔や反省が多くのこります。
早くも、次回の定期演奏会に向けて曲決めを行っておりますが、今回やりのこしたこと、到達できなかったことの存在が、一番の原動力になりますね。
応援してください!

そして、重ね重ね申し上げますが、定期演奏会に来てくださった方々、本当に有り難うございました。
今後とも宜しくお願い申し上げます。

2017-11-24

第142回定演前夜

こんにちは。
イーヨーみたいに喋る3年生の髙野です。ブログ溜めてしまいごめんなさい。


さて、先週は学生のみの稽古、今週は下浚いでした。いよいよ本番が迫ってきた、という雰囲気が漂い始めたように思います。
本番は、練習でやったことがそのまま出るだけです。「うまくやらなくては!」とは気張らずに、でも今の自分がやれることを精一杯、そんな心持ちで本番に臨みたいと考えています。


早いもので、もう三年も早稲田大学長唄研究会に在籍してしまいました。この三年間、アマチュアからプロの方まで、様々な方の演奏を聞く機会を頂きました。

色々な演奏団体がある中で、早稲田長研の良さは「綺麗にまとめることをゴールとしない」点にあると思います。
自分なりに色々やってみて、先生から「それは違うんだよなあ!」とご指導頂き。ああでもないこうでもないと悩みながら、結局正解が分からないまま舞台に上がる。

今の私たちは、これで良いんだと思います。
曲を綺麗にまとめるだなんて、未熟な私たちにとってはほぼ幻想でしかありません。悩み悩んだその過程が、今は大事なんだと。この過程こそが、いつか成長の道標になってくれるのではないかと私は信じています。



11/25(土)13:00開場 13:30開演
於 月島社会教育会館4階ホール


明日です!
「綺麗にまとめた演奏」ではありませんが、未熟者なりに曲に向かい合った演奏をお見せできるかと思います。
皆様のご来場を、会員一同心よりお待ち申し上げています。

演奏会の詳細はこちら→ http://wnagaken.blog98.fc2.com/blog-entry-325.html

2017-11-09

11/8お稽古&第142回定期演奏会のお知らせ

こんばんは。早稲田大学長唄研究会・会計の中村です。
最近寒いですね。体調の優れない部員がぽつぽつと出てきていて、すごく心配です……。

時が流れるのは早いもので、もう11月……! 定期演奏会まで残り2週間……!!!
ということで、前回から、三味線方は譜面を外してお稽古に取り組んでいます。
譜面を見ないで演奏すると、(当たり前ですが)自分では出来ているつもりだったのに、実はうろ覚えだった場所が発覚したりするので、気を引き締めて練習に励んでいきたいです。
さて、以下宣伝です。

*第142回 早稲田大学長唄研究会 定期演奏会*

【日時】11/25(土)

【場所】月島教育会館4階ホール
(都営大江戸線・東京メトロ有楽町線「月島」徒歩5分
都バス「月島三丁目」/江戸バス「月島区民センター」各徒歩1分)

【時間】13:30〜16:00頃(予定) ※13:00開場

【演目】雛鶴三番叟、五郎時致、越後獅子、小鍛冶、吾妻八景、勧進帳



今回の定期演奏会は、1年生の本格的な長唄への初挑戦、4年生の卒業曲……など、様々なドラマが盛り沢山です! 
この演奏会に向けて、部員一同、精一杯お稽古に励んでおります。皆様のお越しを、心よりお待ち申し上げます!

2017-10-25

10/18のお稽古&告知

どうもこんにちは、早稲田大学長唄研究会4年の石原です。お稽古日の昼に先週のお稽古の記事を書くという割と無茶苦茶なことをしています。

個人的には院試にも落ちてしまい、就活もしてなかったのでさぁどうする?と考えています。悩んでても仕方がないので、まずは目先の定演のお稽古を頑張ろうと思います...

さて、10/18のお稽古はいつも通り1年生の五郎・小鍛冶→雛鶴三番叟→越後獅子といった感じのスケジュールでした。勧進帳はOBさんがいらっしゃることができなかったためナシ。
自分は実は勧進帳のタテ唄をやりながら越後獅子のツレ三味線をやっているのですが、合方を覚えるスピードがえらくトロい(その上譜面がきちんと読めないので曲を聴かないと曲のイメージがわかない)ので相変わらず部分的に譜面を外せない状況が続いています(6割ほどは覚えましたが)。
ほんばん、だいじょうぶなのだろうか、じぶん。

さて、そんな訳で告知です。
11/25(土)に月島社会教育会館で第142回早稲田大学長唄研究会定期演奏会を開催致します!
曲目は五郎・小鍛冶・雛鶴三番叟・越後獅子・吾妻八景・勧進帳の6曲です。
入場無料・途中入退場可能ですので是非皆さまお越し下さい!

〜おまけ〜
自分は明治大学の落語研究会に入っており、また邦楽も長唄以外にも端唄・清元をやっているのですが、11/4に明治大学和泉キャンパスで行う和泉祭で「稽古屋」という音曲噺を掛けます。
中には端唄・清元が入っており、長唄・邦楽好きの方にも面白いものになっていますので是非お越しください。
また、当日は出番までお囃子部屋で出囃子をずっと弾いている予定です。

以上、職権を濫用した個人的告知でございました。

石原

2017-10-13

演奏会お知らせ

10/14(土) 早稲田大学古典芸能連盟演奏会『和宴』
場所 早稲田大学学生会館B201
時間 13:30より
つづみの会さんと、小鍛冶を演奏します。

10/15(日) 全国学生長研連盟OB会演奏会
場所 日本橋公会堂
時間 11:30より
他大学の現役生とともに、越後獅子を演奏させていただきます。

2017-10-13

秋学期 初回&二回目お稽古

こんにちは!
早稲田長研副幹事長のくまがいです。

秋ですねー...。

現在、わたしたちは【11/25】の定期演奏会に向け、
小鍛冶 五郎 雛鶴三番叟 越後獅子 吾妻八景 勧進帳のお稽古をしています。
夏の合宿を終え、一回りも二回りも成長した一年生たちに感動です!!
みんな熱心に、空きコマを使って練習しています。

演奏会まで、残りの日々を大切に練習してまいります!
どうぞよろしくお願いいたします。

2017-07-20

前期締めくくり&自己紹介8

はじめまして。前期の締めくくりとなる記事を書かせていただくことになった、新入部員の中野です。
「すがぬん」と同じ国際教養学部1年です。うちの学部は少しだけ特殊なところで、授業のほとんどが英語で行われていて、かつ、2年の秋から留学に行く義務があります。そのため、先生に質問をするにも英語、学生同士で議論をするにも英語、という英語にまみれた環境にもみくちゃにされていますが、なんとか置いていかれないように日々頑張っています。
4月に初めて長研の練習にお邪魔したとき、私はまったくの初心者で、三味線の扱い方もまるでわかっていませんでしたが(いまもダメダメですが…)、先輩方は自分たちの練習そっちのけで根気強く練習に付き合ってくださいましたし、新勧が終わったいまでも色んなアドバイスを下さるのですごく助かっています。水曜の練習はもちろん、定演が近くなると、活動日以外にも練習に付き合ってくれますし、長研は本当に先輩方の面倒見がよくてとても居心地のいい環境だと、4か月ほど経って感じました。
今年の4月まで長唄という言葉すら知らなかった初心者ですが、長研のみなさんにご迷惑をおかけしながらも、一緒に長研で頑張らせていただこうと思っています。

2017-07-12

夏定演本番の感想&自己紹介7

はじめまして。新入部員の祖父江(そふえ)です
7月9日に開催された第141回定期演奏会について書かせていただきます。


今回の定演では、新入生は「三味線小曲集(さくらさくら、荒城の月、寄せの合方)」に三味線で、「末広がり」には唄で乗らせていただきました。三味線の演奏と唄の分け口を披露するのが初めてでとても不安だったのですが、下浚いのときよりも上手く演奏することができてホッとしました。ただ、三味線の音を外すのが怖くてバチをあげられなかったり、高い声を出そうとして声量がでなかったりと自分のなかで反省すべき点があるのでそれを今後の練習に活かしたいと思います。

また演奏会後の打ち上げはとても楽しかったです!苦手だった日本酒を熱燗で美味しくいただくことができてとても良い経験になりました。2次会・3次会では先輩、OB・OGの方々に奢っていただきました。ごちそうさまでした!!


最後に自己紹介をさせていただきます。私は社会科学部の1年生で長唄は初心者です。大学から何か新しいことをやってみたいと思い、前から興味のあった三味線をすることに決めました。このサークルに決めた理由は、新歓コンパや体験会の雰囲気が良かったからです。実際、普段の練習でも先生や先輩方が丁寧に教えて下さるので入会してよかったと感じています。もともと長唄に唄があることを知らなかったのですが、最近唄に興味が湧いてきて将来唄でも何曲か乗れたらな、と思っています。ダンスサークルと兼サーしながらなのですべての活動に参加できるわけではありませんが精いっぱい頑張ります。よろしくお願いします
プロフィール

早稲田大学長唄研究会

Author:早稲田大学長唄研究会
60年以上の歴史がある早稲田大学長唄研究会。

私達は、やさしい先生のご指導の下、ゆったりまったり時にはシビアに長唄&三味線の練習にいそしんでおります。
ほぼ全員がまったくの初心者からのスタート。そんな私達の活動の記録を記録していきます!
Twitterもお見逃し無く!→@w_nagaken

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索